ホーム>スタッフブログ>2011年9月

2011年9月

インド旅行説明会 そして、スタッフ会議

9月29日木曜日は第五週目で、レッスンはお休みでしたが、来年一月に予定している

「剱持先生と行く南インドの旅」 の説明会が午前中にありましたdiamond

20名の会員様がお集まり下さいました。ありがとうございました。
 
前回2010年の北インドの旅行でお世話になった旅行代理店スカイエフワールドのバンダリさんが楽しい
日本語で、南インドの魅力をたっぷりお話して下さいました。
 
yacht南インドの最南端コムリン岬から見える海の色のこと、インド国内でも特にヒンドゥ教が
守られ沢山の寺院があること、北と南では言葉が全く違うこと、などなど。インドの歴史、人種などにも
触れながら、旅行の予定をお話下さいました。
本当に楽しい時間で、二時間がすぐに経ってしまいました。
 
説明会はまた予定しておりますので、もし参加ご希望される方がいらっしゃいましたら、受付、スタッフに
お尋ね下さい。
 
%E5%86%99%E7%9C%9F-1_convert_20110930225439.jpg
 
 
そして、同じ日の午後、月末恒例のスタッフ会議がありました。
このひと月の反省と報告会ですwink
 
___convert_20110930231201.jpg
あるスタッフの話で私も共感したお話を紹介します。
 
「久しぶりに受付に入り、会員証に印を付けて見ていたら、その会員様の思いのようなものを感じました。
印で一杯になっている方、所々抜けてしまっているけれど、振り替えの日付が入っている方、皆様それぞれが忙しい日常の中で、このヨーガ教室に通うために努力をしてくださっていると思いました。そして、お帰りの時
「気をつけてお帰り下さい。」
の言葉、自分の発した言葉に今までと違う思いがありました。」
というものですshine
 
私も会員証に印を付けていて同じように感じることがあります。
この思いは「感謝」なのかもしれません。
でも、ちょっと違います。
私は 「愛」 ではないかな、と思っています。
こう書いてしまうと、なんだかすごい気がしますが、(#^.^#)
「次回も元気に会いましょうね」 と思わずにはいられない思いがあるのです。
そう思いながら、受付に居られるって、本当に幸せなことです。confident
今日はいつもに増して、幸せな会議でした。ありがとうございました。

さぁ、10月ですsign03 爽やかな季節になりました。Yogaで体調を整えて、元気に過ごして頂きたいです。
スタジオでお待ち申し上げております。
 
スタッフ  寺山

呼吸法 Ⅰ

 

 今年初頭、1/30に行われた呼吸法ワークショップが大変な人気の為、
 同じ内容で4/24、そしてラスト9/25に   開催されました。
 
 28名もの方々がご参加くださり、皆様の呼吸法に寄せる関心の高さを感じました。
 
✶ 単純に「吸って、吐いて」の呼吸ですが、
 呼吸法としてはそこに「止める」が入ったり、
 その割合を変えた形であったり、
 体の動きをつけたものであったり、
   レッスンで行う呼吸法とプラスαの呼吸法を行いました。
 
    %E5%86%99%E7%9C%9F_convert_20110926233749.jpg
 
 先生の呼吸音を間近で聞いて、出し方を学び、自分が出している音が限りなく近くなる様にグループで
 確認をしました。
 
 以前は「きつい」と感じた呼吸法が楽に出来たり、逆だったり、又、新たな発見があったりと様々な
 体験をし て頂けたようです。
 
     沢山の会員様に参加頂き、本当にありがとうございましたshine
     
     来年は、呼吸法 Ⅱ として、更に深い体験をしていただけると思います。
 
 
  呼吸法 Ⅰ に参加下さった皆様、呼吸法 Ⅱ でまたお会い
  できるの を楽しみに  しております。  
 
  ✌ スタッフ寺山 
                         

曖昧なメイカクさ

 言葉にするっていうと

 なんだかとてもむずかしい気もするけれど

私はかつて なにかが食べたいとき なんか心がぎゅ〜ってなった時

何語とも言えない言語で 

 めいっぱいの 感じたまんま そのものを

 口にしていた

 ちょうど 発酵してる果物みたく 今を逃さないとばかりにシュワシュワっと音をたてて

      言葉は私の中から飛び出していた

自分で自分をくみあげて この世界にあらわれたみたく

 

みんながいて 私がいて 

  それがなければ 言葉を放つことさえないのかも。。

言葉さえもないのかも。。

 

      そんなちょっといいお話

 瞑想会のひとこま P1060184_convert_20110925211355.jpg     

                             

                                         たまき

不思議なあの子のいる街

 

最近

予測不可能なことが起きるのだけど

それが楽しいよね! それこそ旅だね! って思うから。。。。

 

  今回たどりついた 阿蘇、別府

 この日は晴れじゃなきゃ意味な〜い! 何もみえな〜い! などと決めてかかったって、

 見事に雨だもの。。。

       辺り一面 霧 キリ きり。

        計画なんてなくなった

 

 その時から旅ははじまり、じゃんじゃん起きました 面白いこと。

偶然(というかかなり必然的に)入ったカフェで

知り合ったお姉さんが案内してくれた 不思議な岩のある場所。

行ってみたら さっきまでの霧が嘘みたく晴れたり、

阿修羅のような杉の大木に出会ったり

P1060165_convert_20110924225955.jpg

水の神様のいる水源やらで 憂いた水面に月映し! のごとくyogaをやってみたり。。

 

 というのも、今回の旅のきっかけは 「プラスチックキューブの生命体」を作るアーティスト

  テオ ヤンセン展

P1060285_convert_20110924230333.jpg

 を大分で見たい!とかなりの思いつきに、

 インストラクターの杉本さんと盛り上がり

 では、九州で落ち合いましょ! と それだけで、

楽しそう!の予感をたよりに 別々に羽田から飛び立ったのでした。

 

  テオ ヤンセン展も素晴らしかったのだけど、別府の商店街の一角で

竹下洋子さんの編みをまとった不思議な民族 ともいうべき人やらを見かけたり、

P1060230_convert_20110924230117.jpg

ギャラリー P1060256_convert_20110924230251.jpg

温泉 アダルト? な

Deepな別府にも堪能出来て、九州っていつも私をとんでもない地点に連れて行ってくれる

不思議な場所なのです。

今回出会った人達 又新たに出会う人達

ちかじか又  地図を片手に会いに行くからね!

                                   たまき

満開

sun残暑厳しい日々ですが、

その暑さに嬉々として元気に毎朝新しい花をへちま①.JPGのサムネール画像咲かせているのは、                   

                    そう「ヘチマ」です。

                                                                          ただいま満開shine

昨年はゴーヤを植えていましたが、今年は節電のための<緑のカーテン>が

注目され苗が品薄。   で、「ヘチマ」になりました。

                  これで2本のヘチマです。

7月初め頃植えて、8月中旬位からたくさんの黄色い花が咲きはじめました。

お天気が良ければそれ以来ずっと満開ですshine

 

「ヘチマ」といえば私が小学生の時には朝顔と並ぶ夏休みの観察日記の定番でしたよね。

(歳がばれますね。coldsweats01

よく見ると大きな実が重そうに「ぶらーん」となっていて夏の風物詩でした。

最近はもっぱら朝顔が主流で見かけなくなりましたが

へちま②.JPGのサムネール画像

                                                       なってますlovely

 

へちま③.JPGそしてフェンスの裏には「ぶらーん」と。

 

大きいほうは既に長さ40センチを超えています。

毎日、目に見えてすくすくと成長しています。

       かわいいですheart04

 

 

沖縄などでは小さい実を食用にするそうです。

大きい実は昔は繊維部分だけにして「ヘチマたわし」を作ったり、

「ヘチマ化粧水」というのもありましたね。

    調べてみよう!flair          

  

昼間の残暑はまだ厳しいですが、朝晩は少しずつ過ごしやすくなってきています。

このような時期は夏の疲れがでやすい、

ということでアナスタのレッスンでも  夏の疲れをとるアーサナや瞑想が行われています。

 

私も暑さにへこたれない元気な「ヘチマ」にパワーをもらって

さあ今日も元気にアナスタへ行ってきまーす!run

 

須佐

ここはどこ?

写真をよくご覧下さい!

長嶋様.JPG

音楽会のサロンのようですが…

 

そう、私たちがいつもヨーガをしているアナスタですeye

 

11日(日)、アナスタで行われた『古楽レクチャーコンサート <声>』の

その①ミュージカル(現代編)に参加させて頂きました。

 

会場に入るなりスタジオの奥に置かれた素敵な装飾の施されたチェンバロが目に入り、

それだけでもういつもと違うアナスタになっていましたhappy02

 

そして素敵な古楽器の伴奏で、誰もが一度は耳にしたことのあるミュージカルの名曲を

若い男女4人ずつの声楽家の方々が目の前でセリフを交えつつ歌いあげていきます。

       すごい迫力!長嶋様仲間.JPGのサムネール画像up

                       heart02キュートなダンサーの方の踊りもわくわくしました。heart04

 

合間にはコンサートのチラシにも「眠る暇はない!?コンサート」

と書かれているように観客の私達も皆で輪になって踊ったり

手拍子でリズムを打ったり合唱をしたり、

とまさに参加型のコンサートであっという間に時間が経ちました。

                                                   note音楽の持つ力、楽しさを再認識できた2時間でしたnote

 

そしてこのコンサート、企画されているバロックフルート奏者長島有紀さんはじめ

出演者の方々皆さんがお若くてエネルギッシュ、観ていて「若さの持つ可能性」がキラキラしていて眩しかったですshine

 

今週のアナスタにはその余韻がまだタップリ。

                                     スタジオにいらしたら元気が出ること間違いなしです!

 

この古楽レクチャーコンサート

                    次回は  12月11日(日)<Chansonフランス歌曲>

                                                          とのことです。

                                                                      須佐

夕散歩

 sarusube.JPG                             

さるすべりに陽が 射してはためらい あいまいに揺れ

  秋が はじまった

 

三時の色はうすくれないを帯びて 六時には蒼く

広場の光は斜めに暮れる

 

子どもたちのおしゃべりはとりどりの金平糖のように弾け 

小さな箱々にしまわれてゆく

 
   闇がやわらかに包み

 
    窓から壁から人の温もった空気がもれて 

         どこか夕餉のにおい  水の流れる音 

 

                                                        ここもそこも遠いむこうも 誰かが暮らしている

      
                                                             あなたがいることが うれしくなる               

                      

                                                                                                        Naoko Sugimoto   

ストレスフリーな場所

 

朝起きたらいい気分。 

  じりじり焼けるような太陽でも、いい気分。

    夜、星を眺めてもっともっとい~い気分。 

      右見ても左見ても 何やっても一日じゅ~ういい気分。

           そんなストレスゼロの一日って、ありっこない!!

 と、思っていたのですが、それを体験してしまいました。

ユネスコの世界遺産でもある、アメリカのヨセミテナショナルパークで。

usa1.JPG

ここはカリフォルニア州のシエラネバダ山脈西側にある広大な自然公園。

usa8.JPG

アメリカで暮らしたことのある3人の友人が、アメリカに行くことがあったら行って!と言った地なのです。

          毎朝、起き抜けの気分がすごーーくいい。 なんだろう、なにかがちがう。

usa2.JPG

 

と思ったらここヨセミテには、

何百もの滝に何千もの池&湖、

たくさんの渓流があるんですって。

その気、パワーをからだが感じていたのね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   usa4.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

usa5.JPGビーチ(湖畔のこともこちらではビーチ)に
転がった丸太の上で、8歳の甥とペアーヨーガ。

不安定なのに上手いっ!

 

 

 

 

 

 

 

 usa6.JPG

 

義妹も一緒に。

砂、丸太にトレッキング靴での悪条件!

甥の足が最も完成型に近いですネ

 

 

 

 

 

  

usa7.JPGこりずに岩の上でもヨガる。 

下から父の声「危ない!やめなさい!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   大きな自然に身をおくたび思う。

   わたしって小さい。とっても小さい。みえないくらい小さい。

   いつもの小さな世界で同じようなこと繰り返して暮らしていると、

   むくむくっと、わたしという存在が、大きな自然より大きくなりそうになったりする。

   人間の、かん違いの芽、私にもたぶんあるから。

   自然に触れると、リセットできる。

 

8月。 私はアメリカに居ました。

あちらに住む息子の家をみたい、という80歳手前の両親を連れて、弟の住むミシガンへ。

家族6人で、サンフランシスコ、ワインの産地ナパバレー、ヨセミテ、

カナダのアイスワインの産地ナイアガラオンザレイクなどを巡った家族旅行。

 
そして9月の今日。 一ヶ月ぶりのスタジオでヨーガ。

最後に行ったヨーガニドラ、うっすらとした意識のなか、からだは山脈と滝になっていました。

ゆったりと。 ただ在りました。

          アナスタも、ストレスフリーな場所、かもね。

                                         杉本直子

ページ上部へ