ホーム>スタッフブログ>2012年8月

2012年8月

夏の終わりに


sora.JPG
空が高くなり、朝晩涼風が吹くようになりました。



月末恒例スタッフ会議が開かれました。

今月から始まった、より深めるための研究レッスンやパークヨーガなど話題満載です。


各々が今月を振り返り、人を思い、家族を慈しみ、悲しみや愛をみんなでシェアした会議でしたheart04

 



夏の疲れが出る頃です。

ヨーガで調子を整え、夏の疲れをためないようご自愛下さい。
                                                                 

                                                                                                    中村 まゆみ


 

北海道

   

猛暑の神奈川を脱出して、十勝、帯広に行ってきました。

飛行機から降りたら、結構暑く、ちょっぴり残念!sun

ここ数日、33〜34度が続いているとの事。

初日以降は30度以下になり涼しく快適に過ごせました。

 

池田町のワイン工場見学、丘の上にあり、四方見渡せて絶景の場所にあり、

試飲の白ワインの美味しさは抜群でした。

 

早朝には十勝川の河川敷で気球初体験しました。

上にあがるだけで、フライトは残念ながら出来ませんでしたが、

次回は是非、風まかせでふわふわ気球に乗ってみたいなぁと

思いました。ききゅう.JPGのサムネール画像

 

北海道の湖で一番標高の高い所にある然別湖、又日本一広いナイタイ牧場、牛.JPG

ひまわり畑とスケールの大きさはやはり北海道。ひまわり.JPG

 

30数年前に転勤で札幌、函館に住んでいましたが、その頃は

冷房設備があるお店はほとんどなく(冷房が必要ない位、涼しい)

今回どこに入っても冷房設備がありびっくりしました。eye

 

日本全国、温暖化している現在、もっと地球にやさしく生活しなければと

考えさせられました。

   

スタッフ 豊川 

継続はちからなり

ホームでのヨーガ指導、(サポート)を行って10ケ月が経ちました。

 

 

前回のブログではお休みされる方はいないと書きましたが、ここ数カ月、入院されたり、散歩中に転び、骨折されたりと残念ながら数人の方がお休みされていますdespair

 

骨折された方が復帰されましたが、今まで何でも出来た方が、やはりしばらくヨーガを休み、思うように体が動かないと・・  がっかりされていました。

 

 

でも大丈夫です。ご自分の身体と向き合って無理せず楽しく続けていきましょうsign03

 

 

今日は体験の方がいらっしゃいましたが、今まで側についていなければ、心配な方も、体験の方の補助についていても大丈夫になりました。

 

やはり継続されると違うなと感心しました。

ホーム独自の太陽礼拝ももちろん毎回行っていますshineshine

 

P1000037.JPG

 

 

          外は猛暑でもこのホームは暑さしらずで、快適です。

          エントランス、廊下等 夏の飾りつけが素晴らしい!! 

 

                        P1000030.JPG

 

  P1000041.JPG

 

     

 

 スタッフ 豊川

 

 

朝 清々しく

DCIM0205.JPGYOGAheart

 

水江先生も参加で★

 

皆さんお馴染み!!     猫にもなり、、、

DCIM0211.JPG

       逆さになってみても

       DCIM0213.JPG

       ただただ緑とともに

 

たまーにこんなお客さんとか

DCIM0209.JPG

手のひらにはりついた石や砂。。。

DCIM0218.JPG

 

こんな人が近くにいたりとかも、、、

DCIM0203.JPG

 

すぐ傍の土はとても涼しくて、熱を沢山吸収してくれるから、汗はほとんどかきません★

 

先生もとても気持ち良さそうwink

DCIM0208.JPG

 

最後は偶然にも 沢山の光を浴びて

DCIM0221.JPG

シャバアーサナshine

DCIM0215.JPG

 

ヒロ整骨院さんとのコラボ企画で、毎月一回 第3日曜日

朝8時半より

駒沢公園で開催します!!!

 

息を吸うだけで、意識しなくても 沢山の恵みがからだに染み渡りますよsign03

 

tamaki

笑う。

 先日、スタッフ同士の会話の中で 、笑うsmileということについての話になった。

 

土橋小学校schoolの夏休みチャレンジ学習でも、笑いヨガ(ラフターヨガ)をやったばかり。

折しも、新聞で、笑いの効能についての記事を見つけたeye

記事では、「笑いは副作用のない薬」といわれているらしい。

人間は過度なストレスがかかると、血液中にストレスホルモンが増え、メタボリックシンドロームなどの一因になるng

ところが、笑うとこのストレスホルモンの分泌が減ることが研究により明らかになってきているup。と、ある。

 

また、別の身近な話を思い出したflair

 

私がいつもお願いしている美容師さんhairsalon

出会った頃(10年以上前)は、普通の若い美容師さん。

あれよあれよという間にお店を任され、新店舗の店長さんになられた。

新しいお店も行く度ごとにとても素敵だshine

スタッフの方達の感じもとても良い。

なんだろうなあ、と思っていたら  ある時の会話の中で 毎朝のスタッフの朝礼?の時に

まずは笑うことを指導されているという。

最初、新人として入ってきた時は、なかなか笑うことが出来ないらしいbearing

でも、上手く笑うことが出来なくても、面白くなくても、まず少しだけでも口角をあげることをしてみる!のだと。

少しずつ慣れてくると、自然に笑えるようになると。

笑うことにより、お客様が話しやすくなって お客様の望まれていることをしっかり聞けて、ひいては自分の技術も活きてくるということらしい。

なるほど、すごく納得paper

だからこそ、何故だか気持ちのよいお店だなと感じたわけだ。

 

笑うということ。

素晴らしい。

 

アナスタでも、12月からラフターヨガのクラスがお目見えするかもsign02

 

まだまだ暑い毎日が続いて、しかめっ面になりがちだけど少し意識して笑ってみようかなwink

 

スタッフ 富田

夏休み。帰省に思う。

実家の母は本当に多趣味sign01

パッチワーク、刺繍、編み物、陶芸、歌、映画鑑賞、健康体操、ウォーキングrun

やめてしまったものを入れると、まだまだ数え切れない(@_@)

特に、パッチワーク、刺繍に至っては、習うだけでは飽きたらず、人に教えることまでしている。

なので、実家に帰省する度に新しい作品が増えていることは珍しくない。

中には微妙な作品もあり、リアクションに困るgawk

そんな中で、今回の新入り作品はなかなか面白いgood

 

庭の南天の枝と風船葛、松ぼっくりで作ったというオブジェ?。

南天の方は、九人が南天の枝の筏に乗っている。

九人と苦をかけているらしく、飾っておくと苦と難を流すという御利益?があるとのことshine

松ぼっくりの方は、皆が上に登っていることから目標に向かって、上へ上へupという意味があるそう。

20120809193453.jpg20120809191758.jpg

ホントか~sign02と思いながらも、一生懸命ものづくりをする母の姿は美しい。

そして、出来上がった作品を愛でる姿も微笑ましい。

 

 

 私はというと、ハートの絵柄になった風船葛の種の顔と、ウエストに巻きつけたベルト?がとてもキュートで一目惚れheart04

我が家に連れて帰って、毎日眺めている。

ご利益、あるといいなnote

 

 スタッフ 富田

 

 

 

 

 

 

今年も行ってきました!

第43回日本漫画2012展art

 
2012年テーマ   
 
「大楽観論」  ーこれで日本も大丈夫ー
8/6~8/11地球堂ギャラリー
 
出品なさっている、田代まき様はアナスタのパンフレットやホームページ、Tシャツのキャラクターデザインを描いて下さっているイラストレーターさんであり、またアナスタの会員様でもあります。
 
作品1pencil
 
IMG_3357.jpg
 「題      これで安心by東京電力」

上にかぶせてある透明プラスチックにヒビが入っているのが見えますでしょうか?
その亀裂の所々にバンドエイドが貼ってあります。正に、今の福島原発の状態です。
原発は永遠に,描き続けるテーマだそうです。

作品2pencil
 
IMG_7576.jpg
 「題  うちのスカイツリーはこの頃…」

こちらは、先程とは全く違った観点から描かれていますが、原発事故によって、命が脅かされている今だからこそ大切なものだよ、と訴えかけているように思います。
 
「愛」も永遠のテーマだそうで、お互いに必要な相手なのだよ、と発信しています。
 
人との係わりをとても大切になさっていて、愛情深い方です。スタジオスタッフにも度々声を掛けて下さり、一緒にお出掛けさせて頂いてます。
ありがとうございますsign03
 
IMG_5628.jpg

<まきさんからのメッセージ>
 
原爆も原発も同じことだと思っているので、絵を通して反原発をわかりやすくメッセージを送り続けたいです。
疑問と関心と、問題意識と、私なりの表現力で訴えていきます。
その他のイラストは、いつも愛がテーマです。そしてたくさんの人が、観て心地良くなる、記憶に残る色の組合わせを考えます。
 
★田代まき より★

 
また、来年の作品も楽しみにしています。(^O^)confident


Emiko  Terayama

夏休みのお知らせ

                                                                    

IMG_1885.jpg

 

会員の皆様へ                                  

 

 

8/8~8/14まで
スタジオは夏休みとなります。

 

熱心に通っていただいています会員の皆様、一週間だけガマンなさって下さいねwinksign03

一回分は振り替えが出来ますので、是非ご利用ください。
 

 

 

寺山恵美子

8月6日に思う事


1945年8月6日は広島に原爆投下された日。
その15年後、1960年に私は広島で生まれた。

両親は東京から広島に転勤で来ていました。

その頃の原爆ドーム付近は手付かずの、そのままの状態で、いつでもドームの中に入れたそうです。

 

東京生まれ東京育ちの母は、原爆が落とされた広島に行く事に怖さがあったようです。でも、実際には、川は綺麗でサヨリがキラキラと光っていて、自然が素晴らしく美しかったそうですconfident

その後1974年、私が中学生の時、転勤先の島根県で親しくなった友人のお母さんは、原子力発電所で看護師をしていました。
その時に生まれて初めて、海沿いの、こんなにのどかで美しい所に、何故原子力発電所があるのか驚きました。しかも、原子力爆弾を落とされた広島のすぐ隣の県。

 

そして、どうして大人はその道を選んだのか、疑問と驚きを感じました。


今、福島原子力発電所の事故によって今までの私達の進んだ道が、人類を、生き物全ての命を脅かす物であったと気付いたのであれば、それを正して行かなくてはいけないと思う。

 

人が作った過ちは人が償うしかないのではないでしょうか?

 

政治や利権がどうのではなく、人の持つ正義の心で、一つ一つ解決していかなくては、次の人類に渡す事が出来なくなるという危機感を感じます。

私に出来る事。

先ずは省エネ。
そして原子力発電ではないエネルギーに切り替える事。

急激な変化でなく、緩やかにシフトして行く事が大切だと思います。

そして日本の国から「被爆」と言う言葉が消える事を切に願います。

 

この日8月6日に
祈ります。

寺山恵美子
 

ブルー!

8月になりました。

1日、水曜日の二時間目のクラスに鮮やかなブルーのTシャツがスタジオに現れましたflagshine 

しかも、その色は一人だけではなく、二人、三人、と増えたのです。

 

全くの偶然でそうなったのですが、この不思議を写真に収めさせていただきました。
今のスタジオの飾り付けと同じカラーですheart

 

鮮やかなブルー、
夏のブルー、
何処までも青い南国の海のブルー、

 

そのTシャツを手にした時、どんな事を感じたのでしょう。

ココロの底にこのブルーがひっそりといたのですねconfident
 

IMG_5713.jpg

かく言う私も実はこのブルー、この夏に買いました。
この偶然にバンザイ\(^o^)/

そして、この爽やかなブルーで暑い8月をのりきりましょうねsign03

 

寺山恵美子

ページ上部へ