ホーム>スタッフブログ>スタッフの日記>あれから...
スタッフの日記

あれから...

東日本大震災から1年半が経とうとしています。

果たして復興はどれくらい進んでいるのでしょうか。

我娘がたった2日間ではありますが、宮城県南三陸町へボランティアに行ってきました。
 

広々として荒涼な土地

IMG_1521.jpg

ここでがれき処理をするのが仕事です。

IMG_0016.jpg

 

あまりに広くて「やる意味があるのか」と始める前から呆然としてしまった娘。「とにかくやるしかない」という仲間の声と共に始めました。

IMG_0369.jpg

 

数日前には遺体が掘り起こされたそうです。  まだ遺体の見つからずにいる方ー一体何名いらっしゃるのか。

校舎が倒壊し、プレハブで学ぶ小学生。室温は37゜C!!weep bearing        だるさ、めまい、頭痛を訴える子どもがいるとのこと。

こんな環境で勉強させていること、大人として恥ずかしく思います。
 

永田町には、何より今ある自分の豊かな生活を守りたいと、国会そっちのけで奔走する政治家の姿。

   

    彼らの本来の仕事って何なのでしょうsweat02sweat02
 

南三陸町には、ボランティアとして家族一緒の女子高生、

「50歳になると年齢を理由にあきらめてしまいそうだから、今来た」 という49歳の男性、

娘と同じ大学生は 「時間があるから」 と8月はじめから9月半ばまでずっと滞在中。

 

「1度は行くべきだと思うよ」  と娘は言いました。

 

はまだみなこ

ページ上部へ