ホーム>スタッフブログ>スタッフの日記>映画とヨーガ
スタッフの日記

映画とヨーガ

先日、夫と、そして父になる、を見にいきましたmovie

 

映画.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



赤ちゃんを、取り違えたことを、息子が、六才になってから病院から、告げられます。



全く違う、二つの家族の交流がはじまります。



主人公の父親、福山雅治さんは、仕事一筋で、息子と奥さんと一緒に、何かを感じる時間はなく、表面的な関わりしか持っていませんでした。



しかし、この大変な事態をきっかけに、息子と奥さん、そして自分の両親と向き合っていくことで、自分の中から、色々なことに気づき、成長していく過程が、淡々と描かれています。



自分と家族との関係性が、周りの人達との関係性と繋がっていることに、物語が進むに連れ、気付いてきます。



主人公の成長は、ヨーガの瞑想での気付きのように、私に、家族と、自分自身と真っ直ぐに向き合っていますか?と問いかけてきたのでした。



夫と一緒に見ることが出来て、よかったですheart04heart04heart04



                                                         青木啓子
 

ページ上部へ