ホーム>スタッフブログ>アナスタイベント>アーナンダヨーガスタジオ イベント「インド旅行」  後半
アナスタイベント

アーナンダヨーガスタジオ イベント「インド旅行」  後半

インド旅行、後半に我々は世界遺産であるアジャンタとエローラ、二つの石窟寺院を訪れました。

 

1/31

ホテルから三時間ほどで、アジャンタ石窟の入口に着き、更に山を上るのでシャトルバスrvcarに乗り換えます。

 

インド40.jpegインド41.jpeg

 

シャトルバスを降りたら後は歩きますshoeshoesign04sign04shoeshoe

 

インド42.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと歩きに不安があっても、籠屋さんが用意されているので安心ですscissors

乗り心地は・・・・バランスを保つのにコツがいるようでした。

 

インド43.jpegインド44.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

更に階段を登ると、徐々に岩の回廊が見えてきました。

 

アジャンタ石窟寺院はBC2世紀からAD8世紀に、山を丸ごと彫刻することによって造り出された寺院と僧院(層達が起居したところ)です。ここには、全部で29カ所の石窟があり、仏教、ヒンズー教、ジャイナ教、それらの宗教的遺産を見る事ができるそうです。

 

山は玄武岩で出来ており、上から掘られ、前から奥へと掘り進められました。上の天井が出来たところで漆喰を塗り、絵を施し、また掘り下げてと繰り返しています。しかし、中は暗くどのような方法で描いていったのかはなぞだそうです。

 

6世紀頃に突然、ここで修行や生活をしていた人々がエローラに移動しました。理由は不明で、その為、未完成のまま放置された石窟もあります。

 

その後1819年に東インド会社のイギリス人の一団がトラ刈りの最中に偶然発見するまでの千数百年の間、世間から忘れ去られた事になります。

 

その間、辺りは密林となり、当然侵食され、地崩れなどで特に壁画はかなりのダメージを受けています。しかし、写真を見てお分かりのように、こんな太古の昔に、これほどの技術を持っていたことに感動しました。

 

 

私達はガイドのカプセーさんがセレクトして下さった、第1、第2、第9、第10、第17、第19、第24、第26の石窟を見学してきました。

 

第1石窟

 

ゴータマ・ブッダの誕生から亡くなるまでの、その人生や、エピソードなどが壁画に描かれています。

 インド45.jpeg

インド46.jpegのサムネール画像インド47.jpegのサムネール画像インド48.jpegのサムネール画像インド49.jpegインド50.jpegインド51.jpeg

 

 

第2石窟

インド52.jpg

インド53.jpg

インド54.jpg

 

 

第10石窟

 

インド55.jpgインド56.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブッダが亡くなり、ストューバ(卒塔婆)が造られたそうです。

 

インド57.jpg

インド58.jpg

インド59.jpg

 

 

第17石窟

 

  入り口の装飾

 

インド63.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

インド60.jpg

    インド62.jpgのサムネール画像のサムネール画像  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母子像 

インド61.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第19石窟

 

インド64.jpg

インド65.jpgインド66.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インド67.jpg

 

 

第24石窟 未完成の洞窟

 

インド68.jpg

インド69.jpeg

 

この回廊は観光しやすくする為に造られましたが元々は下を流れる川側から、階段で上がるように出来ているそうです。

 

第26石窟

 

インド70.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

インド71.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

  インド72.jpeg                                                                             涅槃像

インド73.jpeg

 

インド74.jpeg

 

 

 

大きさがお分かり頂けますでしょうか?

なんと!

贅沢な事にこの建物の中で、少しだけ瞑想をさせていただきました。

 

 

 

 

アジャンタ全体を見渡す展望台からの眺めです。

インド75.jpeg

 

帰路につき、バスから見る夕日。

インド76.jpeg

 

古代の人々の高い芸術性、技術力、知識に感嘆しながらバスに揺られていました。

 

 

ホテルに戻って夕食時には、

お誕生日を間近に迎えたお二人のサプライズお誕生会がありましたbirthday

 

インド77.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2/1

 

最終日

 

インド78.jpeg

 

夕方ヨーガ、朝ヨーガとお世話になったホテルの芝生ともお別れですpaper

 

そして、最後の観光地エローラへ向かいますdash

ここも、ガイドのカプセーさんについて回りましたeye

 

エローラは大地にせり出した岩山を上から下へ掘削して、5世紀から10世紀にかけて造られました。仏教、ヒンズー教、ジャイナ教の寺院とその宿坊などで、34の石窟があります。

 

第32、33石窟

 

インド79.jpeg

インド80.jpeg

インド81.jpeg

インド82.jpeg

インド83.jpeg

インド84.jpeg

 

 

光の加減で一番美しく見える為、先に第32石窟に連れてきて下さったそうです。徐々に光が差し込み、美しさが増していきます。

 

インド85.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インド86.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インド87.jpeg

 

 

第10石窟

 

インド88.jpegインド89.jpeg

 

インド90.jpeg

 

 

インド91.jpeg

 

 

 

 

この像の前でカプセーさんが呪文?を唱えはじめました。その音は建物全体に響き渡り、変化していきます。そして私達にも「ナンミョウホウレンゲイキョウ、と大きな声で言って下さい 」といいます。17人全員で唱えると、音が変化して、そう、倍音声明となって、私達に降り注ぎました。聞こえ方は人それぞれですが、私にはソプラノの天使の声に聞こえました。

 

 

 

 

 

第16石窟

 

インド92.jpeg

建物全体を右側から写しています。真ん中が神殿で、御神輿の形になっています。動かすのは像で、沢山の像が下に並んでいます。

 

インド93.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

入場門の下。門にも彫刻が施され、素晴らしいです。

 

 

 

インド94.jpegインド95.jpegインド96.jpegインド97.jpegインド98.jpegインド99.jpeg

 

殆どの像の鼻が切り落とされていました。戦争の爪痕です。

インド100.jpegインド101.jpegインド102.jpegインド103.jpegインド104.jpeg

インド105.jpegのサムネール画像

 

インド113.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

神殿入口を守っている神様

インド106.jpegインド107.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

アジャンタ石窟では、洞窟の暗さがありましたが、エローラは全体に明るく感じました。

 

インド108.jpeg

インド109.jpeg

インド114.jpeg

 

最後の第16石窟はヒンズー教寺院で、宗教について私は知りませんが、石像はどれも生き生きとしていて男性女性も仲睦まじく、動物達も身近にあり、皆が仲良く共に生きていく世界感を感じました。

 

素晴らしい芸術作品を実際に目にする事が出来、本当に幸せでした。

 

支えてくれている家族や周りの方々に感謝です。ありがとうございますheart04

 

 

そして、飛行機airplaneの中から大地に向かって、「また、2年後に来るね。」と約束した寺山でした。

 

インド111.jpeg

 

無事成田空港に到着sign01

 

インド110.jpeg

 

皆様お疲れ様でしたsign03

 

特に旅行会社スカイエフワールドのバンダリさん。

細やかな気配りありがとうございましたconfident

 

 

次の日、このメンバーの数人は元気にレッスンに参加したそうですから、

インドパワーは凄いです。

 

次の機会には、是非貴方もご一緒にgood

                      Terayama

ページ上部へ