ホーム>スタッフブログ>2014年3月

2014年3月

南三陸町への旅

家族四人で、3月27日28日、南三陸町へ行ってきましたbullettrain



夫が、今しかない、娘と息子に見せたい、旅行に行けば、支援にもなる、と言い出しましたが、
子供たちは、「行きたくない、見たくない、怖い」

 

南三陸1.jpg


 

 

 



とにかく行こうsign01

 

 

 

仙台から、ホテルのバスに乗り約二時間、南三陸町へbusdash

 

 

南三陸2.jpg南三陸3.jpg

 

 

 

 

 

 

 


ホテルに近づくに連れ、津波の跡が、
家の流された跡が続く

 

 

 

南三陸4.jpg

部屋の窓からは、カモメとのどかな海



 

夕飯は、海の幸、幸、幸、海の恵み、
美味しい!

 


海に流された人たちがいる、今こうして、食事をしている私たちがいる。

 



次の朝、語り部バスで、町を回る

 

南三陸5.jpg南三陸6.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テルで働いている語り部の渡辺さん

 

 



地震の四ヶ月前に、奥さんと赤ちゃんと引越してきて、



3.11、ホテルに勤務中に、地震。お客様や避難して来た人の対応に追われ、3日後、やっと抜け出し、家を見に行く。跡形もなく、避難所の小学校へ。奥さんの名前なく、避難所にいる一人一人に、奥さんと赤ちゃんのことを尋ねてまわり、もしかしたら、中学校の校長室にいるかもしれないという情報を得て、急いで向かう。校長室に、一人座っている女の人の後ろ姿を見つけ、思わず、奥さんの名前を叫ぶ、無事に会えて、振り向いて奥さんは、大泣き。

 

南三陸7.jpg                防災対策庁舎の前で合掌


最後まで、津波の放送を続け、皆を助けた。屋上の二メートル上まで、津波が押し寄せ、手すりに捕まったり、非常階段にぶつかった八名だけが助かった。この庁舎、六ヶ月後には、取り壊される。

 

 

南三陸8.jpg



 

 

 

 

ホテルの結婚式場
当時、320名の老人が、集まっていた。従業員の誘導で、屋上に上がり、全員無事に助かった。この建物は、津波の被害を忘れないため、ホテルが残すことに決める。

 

 

 

 

 

南三陸9.jpgのサムネール画像

戸倉小学校跡
津波の二日前に、大きな地震があり、職員会議で、避難所を屋上から、近くの高台に変更。津波前日、避難訓練を行い、実際に、生徒と先生で、高台の場所確認する。その的確な判断のおかげで、当日、津波を逃れ、全員無事に助かる。

 

 

南三陸10.jpgのサムネール画像のサムネール画像



最後に、渡辺さんから、伝えたいこと

 



とにかく、たくさんの人に、来て欲しいsign01今の現状がわからなくならないうちに実際に見て欲しいsign01そしてお金を使うことが、生活の助けとなる。

見たこと、感じたことを帰って回りの人に伝えて欲しい。



 

津波てんでんこ

 


逃げる時は、てんでに逃げる。まずは、自分の命を守ることが大切。



日頃から、いざという時、何処ににげるか、家族と話し合っておくとよい。



職場での避難訓練は、とても役立った。



渡辺さん一家は、今も仮設住宅で、暮らしていますが、二番目のお子様に恵まれ、毎日、家族をそして、人とのつながりを以前より大切に暮していらっしゃるとのことでした。

 



荒れた土地を見ていて、今回は、行けない陸前高田を思い出していました。

 



だからでしょうかsign02


スタジオの忘年会に陸前高田からいらしてお話しして下さった、ちあきさん
に、一ノ関の駅の連絡通路で、ばったり会いました!お元気そうで、よかったですheart04

 



その後、平泉に寄って、東北の人々の平安をお祈りして帰りましたconfident

 

南三陸11.jpg南三陸12.jpg南三陸13.jpg

                                          あおき
 

スタッフ会議

3月29日、月末恒例のスタッフ会議が行われました。

 

 

今回、現在このブログのアップや木曜夜クラスの受付をお手伝いしてくださっている

大石泉さんが素敵な手作りの差し入れをしてくださり、私たちは朝からテンション大幅

アップでしたsign01

 

桜餅.jpg

 

このままお店に並んでいてもおかしくないようなおしゃれさでプロ級の腕前。

桜の花が可愛らしく、甘さ控えめで優しいお味、大石さんのお人柄がそのまま出て

いるようでした。

目でも舌でも春を満喫させていただきました。ごちそうさまでしたconfident

 

 

さて本題のスタッフ会議。

 

恒例といっても今年にはいってから1月はインド旅行、2月は28日までしかなく

きちんとした形では今年初でした。

 

南三陸の被災地に行かれたばかりのスタッフ青木さんからの避難訓練の重要性のお話が

あったり、事務作業上の問題点の洗い出しと解決策の検討、スタッフの近況や気づき等々

3か月分の濃い話し合いが行われとても有意義な時間となりました。

 

スタッフ皆がまた一つになり4月を迎える準備ができましたcherryblossom

 

 

4月のイベントのお知らせですmailto

 

4月30日(水)「美せる身体を創るワークショップ&酵素栄養学講座」

 

アナスタ初の2部構成のイベントが行われますgood

 

 

ただいまレッスン後に詳しい内容が書かれたチラシをお配りしています。

身体の外側も、そして内側からも美しくなろう!というイベントです。

 

参加ご希望の方はお早めに受付までお申し込みをsign01

 

                               須佐

春が来た♪

桜の開花宣言がありました。

長く厳しかった今年の冬もやっと終わり、春がやってきました。

 

私たちが「春はまだかなぁ」と待っていたのと同じように街の木々や花々もいっせいにきれいな花を

咲かせはじめました。

 

パンジー.jpgゆきやなぎ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(花粉については敢えてふれないでおきます(笑))

 

 

今年のように寒い、暖かい、の差がはっきりしていると「花の目覚め」がよく花が一気に咲き見事な

満開の花が見られるそうです。

 

紅白梅.jpg

 

 

これから一週間後位には満開になりそうな桜もとても楽しみですcherryblossom

 

 

「花の目覚め」をよくするこの寒暖の差ですが、私たちにとっては体がそれに慣れるまでには少し

時間がかかります。

 

また春はいろいろなスタートの時、生活環境に変化がある方も多い季節です。

肉体的にも精神的にも普段よりストレスがかかり自律神経が乱れやすい時期でもあります。

 

アナスタのリラックスクラスでも今週は「季節の変わり目、自立神経を整えよう」というテーマで

レッスンを行っています。春の定番のテーマでもあります。

 

自律神経と呼吸にはとても深い関係があり、呼吸に意識を向けて体を動かすヨーガが自律神経を整えるのにとても効果的と言われています。

 

 

最近、話題になっている「自律神経を整える<あきらめる>健康法」(小林弘幸 著)という本を

読みました。著者は順天堂大学医学部教授、自律神経を研究している医師で近頃は自律神経を扱う

テレビの情報番組には必ずといっていいほど出演されているのでご存じの方も多いと思います。

 

 

その本の中に誰にでもすぐにできる自律神経のコントロール法が紹介されています。

 

 

「空を見あげるだけ」でいいそうです。

 

 

お仕事や学校、お買いものなどで外にでたときに空を見上げ、お天気の様子や吹いてくる風の心地よさ、近くに咲いているお花の色や香りを感じる。そのように自然を感じる、意識を向けるだけで副交感神経が上がり自律神経のバランスが整ってくるそうです。

 

 

確かに緊張している時、疲れていたり気持ちが沈んでいる時には出来そうで出来ないことですね。

そういった時こそ空を見上げ自然を感じてみましょう!その瞬間にすべてが良い方へと転換していきます。

 

 

春に咲く美しい花や目に優しい新緑は、春の私たちを応援してくれているのかもしれませんねlovely

 

                                      須佐

膠彩画展

私が15歳の時ヨーガと初めて出会ったモダンバレエ研究所で、一緒にバレエを学んでいた後輩の阿部アヤさんの膠彩画展に行ってきましたlovely

 

 

画展3.jpg

 

 

油彩 水彩はよく聞きますが膠彩とはsign02


膠を溶剤として和紙に岩絵の具や天然顔料、泊、墨などで着彩しているものだそうですflair

 



作品はグロリオサの美しさが存分に発揮され、繊細な中にも凛とした生きる力強さを感じさせてくれるものでした。とても素敵で暫し見いってしまいました。日本画の雅な美しさ、奥深さに魅了されたひと時shineshineshine

 

 

 

画展1.jpgのサムネール画像画展2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


隣の部屋ではアヤさんのご主人様の作品も展示されていました。ご夫婦で絵を描かれているなんて素敵heart04

画展4.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 


アヤさんのこれからのご活躍を楽しみに会場を後にしましたpaper

 



膠彩画展は3/29日まで京橋『ギャラリーなつか』で行われています。



                                                             剱持

3.22 瞑想会

春のお彼岸、三連休の真っ只中だからでしょうか、9名での瞑想会が3/22(土)に行われました。



cherryblossom桜の開花予報が発表される今に相応しい、水玉さんのスイーツcakeは、


「さくら甘酒ケーキ」
「きんかんココアボール」

 

瞑想会スイーツ.jpg

 


何故こんなに少ないベーキングパウダーでふっくらするのsign02どうやら秘密は甘酒らしい。甘味を感じさせない甘さ…って一体どういうことsign02春らしい姿に皆、笑顔happy01

 


きんかんの種まで柔らかなもう一品は、発想に驚かされましたdelicious

 

 



今日の瞑想会も、とっても大切な時間となりました。

 

 


「今日のテーマはこれsign01」と決めていたのですが、いざ始めると、それにまつわる様々な考えが次から次へと浮かび、ついつい考えを進めてしまう始末。立て直すも又、負のスパイラルへと引き込まれ…を繰返し、瞑想は終了。

 


それでも、「これが今の私」と開き直り、すっきりスタジオを後にできるのです。家ではつくれない時間watchです。

 


来月は4/26(土)13時~ですsign03

 


どんな日になるでしょう。
皆様にお会いできること楽しみにしておりますlovely


                                               はまだみなこ

ママ&ベビー

木曜日11時半からのママ&ベビーヨガの保育のヘルプをさせていただいてます。



なんたってかわいいheart04

お尻を振りながらのハイハイfootfootfoot

眠かったり、お腹が空いたりで身体いっぱいで泣く子weep

歩き出したばかりで、一歩一歩バランスをとりながら足を進めていく姿snail

実におもしろいwink

 



そして 最後はやはりお母さんのもとへ。
母子の繋がりを見るのもすごく嬉しい。

 

 

すべての原点の様な光景ですsign01




私たち大人も素直に純粋に委ねたり甘えられたらいいですね。


            うえの

スタッフの日常

buildingマンションの7階に住んでいる私は、常々行きも帰りもエレベーターを利用してます。


でも今年に入って決めた事があります。
 

 



「そうだ 階段にしようsign01bleah

 

 



正直言いますと 思い付きのゆるーい感じ始めましたので、毎回必ずと言うわけではなく、まずは下りる時(これは楽ですねscissors)ちゃちゃっと。

 


上る時、これはその時々によります。
買い物などで荷物があったり、疲れてるときは無理はしません。迷わずエレベーターのお世話になります。

 




続けてますと心なし以前より軽やかに上れる様な気がします。


老化は脚からといいます。足腰が弱ると内臓も弱ってきます。

 

 



何より続けていることにプチ喜びも感じてます。
他の住人の方から
「歩きですかぁ。」と声も掛けていただいたり・・・。

 




いつまで続くかはわかりませんが、何事も無理なく楽しみながらですhappy01scissors



         うえの

311忘れない

地震が来て、私の生活は、すぐに、もとにもどった。

 



家、家族、回りの景色、すべて、何も変わっていない。

 

庭の花1.jpg

 



でも、現地は、違う、あの子、あの人が、いないまま

 



家、家族、回りの景色、あのまま、目の当たりにしたまま、毎日が過ぎていく。

 



月日が経つほど、思い出され、

寄せては返す波のように、消えたかと思うと、また現れる悲しみ

 

 

庭の花4.jpg

 

 

 



五感が覚えている

 

 

 



ボランティアで感じた

気仙沼の瓦礫、匂い、風

 



陸前高田の湿地帯のような荒地、指圧の温もり、コーヒーの香り、笑い声

 

 

庭の花2.jpg

 



 

 

自分の心に平安を

 

 

 



そして被災されたすべての人々が、平安に暮らせますように

 

 

庭の花3.jpg



                                                        アオキ

アジャンタ石窟で瞑想

第26石窟

 

石窟1.jpg

 

寝釈迦様に向かい

 

涅槃.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「瞑想しましょう」

 

石の上に坐る

 

眼を閉じる

 

大地のエネルギー

 

身体が、勝手に感じる

 

感じる!

 

こんな神聖なところで

 

感じる

 

いいの?わたし変!

 

「胸の前で合掌して、一礼しましょう」

 

温かさに包まれる

 

 

愛って、温かい

 

大きい

 

すべてが、許され

 

いままでの自分

 

ダメだと思っていたこと

 

失敗

 

弱さ

 

狡さ

 

すべて愛のもと

 

いいんだよ

 

それでいいんだよ

 

愛って

 

すごく凄く大きい

 

わたしは、どんな時も、愛されていたんだ!

 

ナマステー

 

                       アオキ

"仙腸関節"に意識を向けて

今日は、準備運動(レギュラークラス他)で行う  ”腰のひねり” についてお話したいと思います。

準備運動.jpg

 

 

 

 

 

 

 


「右脚を左脚の外側にかけ、左手肘を右膝の外側から押すようにして、

右手は軽く後ろの床につけて、吐きながら右にひねっていく・・・」というアレです。

これは、腰をしっかりひねることにより、仙腸関節のストレッチにもなっています。


仙腸関節とは、骨盤の背面にあり、文字通り’仙骨’と’腸骨’の間にある関節ですが、

ここをまたいでいる筋肉が硬いと骨盤のゆがみを引き起こすことがあり、

坐骨神経痛の原因にもなります。

仙腸関節は可動性がほんの少ししかありませんが、この周囲の筋肉をストレッチ

することが大切です。


骨盤のゆがみの原因は色々ありますが、腰周りの筋肉を柔軟にしておくことが、

予防や改善になります。


レッスンのはじめに、「坐骨を床につけ骨盤を立てて」とまずは姿勢を正しますが、

腰はカラダの要(かなめ)です。


いつも行っている準備運動ですが、大切なエッセンスがいっぱい詰まってます。
 
そんなことを感じながら、バランスの取れたカラダ作りを目指していきましょう!

                                    
                                              森 淳子

ページ上部へ