ホーム>スタッフブログ>2014年9月

2014年9月

9月29日月曜日、晴れ スタッフミィーティング

夏も終わり、無事全員揃って、9月のミィーティングが、開かれましたpencil



前半は、みんなそれぞれに、今月、受付、インストラクターをして、気付いたことを、シェアーしていきます。


そして、


毎回、始めの挨拶で、皆様にお伝えしている
 

       「ヨーガと日常生活を結びつけて行って下さい。」


まさに、その実践の証のように、日常生活を通して気付いたことも、次々と伝えられ、1人の体験が、シェアーされることで、みんなの気付きとなっていき、繋がっていきます。



同じことを繰り返すことからこそ気付けることがある。ヨーガも日常生活も同じなんだと、改めて気付かされましたflair



後半は、アナスタ全体について、瞑想会や、今後のイベント、水輪のリトリートなど、どうしたら、一番皆様に喜んで頂けるのか?様々な意見が飛び交います。



10月は、このミィーティングを生かし、初心に戻って、真摯にインストラクター、スタッフに取り組み、
皆様と共にアーナンダと笑顔をたくさんシェアーして生きます。

 


宜しくお願い致しますconfident

 


いつも、アナスタを愛して下さって、有難うございますsign03

 

9月ミーティング.jpgのサムネール画像

 



ホッと一息、おにぎりでランチタイムriceballjapanesetea

 

 

 

 

                       アオキ
 

キンモクセイ薫る

 今年はいつになく涼しい9月を過ごしていると感じている私。

 

9月の瞑想会がキンモクセイの香りと共にやってくるとは…ステキheart01



 9/27(土)は定例の瞑想会。
今月は10名とややこじんまりなかんじでした。

 

9月瞑想会.jpgのサムネール画像

 

 


この写真はラストの祈りの時間です。
ステキでしょうheart04

 

 

 


 祈ることしかできないけれど
 祈ることはとても大切なこと



 あなたは今日、誰を思い、何を祈りますかsign02


                                           はまだみなこ

あれから3年半

 9月はじめ、宮城県山元町の様子です。

 

山元町1.jpg
この写真だけではわからないですが、ここには駅があったのだそうです。

 


いつからこういう状態なのか…。
言えることは、3年半経った今も元には戻っていないということ。

 


こちらは小学校。

山元町2.jpg

 

 

 

震災を忘れないために、このまま残しておくのだそうです。

 

 

 

 

 娘がボランティアに行き、撮ってきた写真です。

 

今回は苺の苗運び!そんな需要があるのですね。
人口減少、高齢化社会、人手不足…東北は、日本はどうなっていくのか。
すべきことは何なのか。

 

 

答えの掴めない、堂々巡りの頭の中です。

 

27日(土)の瞑想会でゆっくり取り組んでみることにしますconfident


                                           はまだみなこ

バスで行く「水輪」への旅

都会で見失ないがちな、自然と自分との繋がりを求め、忙しい日常生活から離れて、大いなる長野飯綱高原の大自然に包まれながら、心と身体をリセットするヨーガ的旅へ出かけませんかsign02

 

リトリートチラシ.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



お部屋は、清潔で木の香りに溢れた心地よい空間で、とても癒されます。

 

リトリート1.jpg

 


お食事は、酵素玄米と隣接した広い畑で採れたての、目にも鮮やかな美しい無農薬有機野菜を旬に合わせて頂きます。野菜本来の美味しさを堪能できるだけでなく、大地のエネルギーを身体の中からたっぷり取り入れて、腸内デトックス効果も抜群です。

 

リトリート3.jpgリトリート4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小鳥のさえずりに耳を傾け、風に揺れる木々を感じながら行うヨーガで、心も身体も浄化されていきます。
夜の静けさの中で行う瞑想は格別です。

 


この素晴らしい時間を共有することで、皆様との繋がりも、より一層深まっていくことでしょう。

 

リトリート6.jpg

 

お一人様でも、すぐお友達になれますので、安心してご参加下さいheart04

 


水輪については、水輪のホームページや多彩なブログにも、美しい写真満載で、紹介されていますので、そちらも是非ご覧下さい。


     「いのちの森 水輪」で検索してください。


                        青木啓子

9月、とある金曜日の午後

日射しがスタジオエントランスの奥まで差し込んで来るようになりました。

心地よい風が、夏の終わりを告げ秋の始まりを運んでいるようです。
夏の終わり.jpg
金曜日の物憂い午後、

レッスン最後の指圧BGMの繊細なピアノとチェロの音色がゆったりとスタジオを包んでいますnotes


今日の指圧のBGMは
ケビンカーン 「サマーデイドリームズ」


昼間はまだ暑いのに、すとんと日が暮れる今時分にぴったりのCDです。

夕陽.jpg

Kさんが帰り際、

このBGMは心が締めつけられるようで涙が出そう、とポツリとおっしゃっていました。



Kさん、貴女の心がクリスタルのようにピュアで繊細だからこそ心に響くのでしょう。

ネリネ.jpg
季節の変わり目です。
どうぞ皆様、ヨーガと共にお身体お労り下さいませ。


中村まゆみ

 

ウレシパモシリ《再再演》

秋晴れの14日、ウレパモ再再演観劇アナスタツアーに参加しました。

まずは南阿佐ヶ谷のインド料理店クマリで野菜カレーに舌づつみ。
ナンとバターライスがほうれん草カレーに絶妙に絡みます。
クマリ.jpg

ラピュタのザムザ(カフカ。朝、目が覚めたら毒虫になっていた?)で、出演者パーカッショニストさんが淹れて下さる香り高い珈琲をいただきながらわくわくと開演を待ちます。
ラピュタ.jpg
あ、始まりました。

歌あり、涙あり、こびっと笑いあり。

今の自分の心が映ります。


魂そのもの。




舞台がはねた後、出演者の方々と記念撮影。
頭.jpgウレパモ集合.jpg


暮れなずむ秋の空はどこまでもどこまでも高く、涙が出るくらい澄んでいました。



● ● ● ● ● 「素直に言えない5文字のことば」


中村まゆみ
 

お薦め本

秋の夜長に読書bookでも。

皆さん、バガヴァッドギーターってご存知ですか?

聖書の次に世界の人々に知られているインドに古来から伝わるyogaの経典の一つです。あのガンジーさんも人生の指南書としていつも枕元に置いていたというもの。

が、これが超難解typhoon

やさしく学ぶバガヴァッドギーターなど多くの解説本があったり、バガヴァットギーターを読み解く会という勉強会まであるらしいのです。

それくらいちょっとやそっと読んだくらいでは全く理解出来ませんsweat02

かくいう私も今までに何度となくチャレンジしてみるものの途中挫折ばかり。

何しろ内容が難しいので読み始めると、ほどなく眠気に襲われ、、sleepy

再チャレンジするも最初に読んだところは全く覚えておらず、また一から読み直すという繰り返しでなかなか読み進まない、ということを続けてはや○年。

未だ最後まで読めていないのが現状でありますっcoldsweats01

更にいうと、読み終わったところもきちんと理解できているかどうかは非常に怪しい、、。とにもかくにも難しいのです。

ところが、つい最近、とっても素敵なもの見つけましたshine

バガヴァットギーターカード/向井田みお 著

これは54枚のカード&解説本がセットになっていて、毎日一回決まった時間にカードを引き、それについて解説本を読んでいくというものなのです。

これが実にわかりやすく実生活に落とし込んで解説してあるので、すんなり心に入ってくる。

一日一回カードを引くということも何だかわくわくして楽しいup

ポーズの練習のポイントなども書かれていてなかなか。__.JPG

カードの絵も素敵。

私は最初に引いたカードを読んでなぜだか涙が出ましたweep

そして、カードを引く度に思うのは、その時の自分に必要なメッセージが書かれたカードがやってくるような気がしています。

興味のある方は是非ご一読をmaple

スタッフ 富田

水輪いのちの森の音楽祭

一日目

9月5日金曜日

 

上野から12時30分発の新幹線bullettrainで、長野まで約一時間半、そこから乗り合いタクシーcarで約30分で、飯綱高原の水輪に行ってきましたdash



ピアノに専念されるため、インストラクターを辞められ、今は会員様として通って来て下さっている、谷崎ゆかりさんが音楽祭で演奏されるので一緒に行きました。



鷺沼から、三時間ほどで爽やかな高原につきました。空気がとても美味しいですsign01



着いたら、谷崎さんは、打ち合わせとリハーサル、私は、早速お風呂に入りました。とても清潔なお風呂は心も洗われるようです。温泉ではないのですが、お水がとてもいいのかお肌がツルツルになります。石鹸にもこだわっているからでしょうか?



お部屋は、可愛い置物に癒され総檜づくりで、木の香りに包まれリラックスします。広いお部屋を独り占めです

写真あ.jpg

お風呂から出た頃、剣持先生、たまきさん、宙くんが鷺沼から車で到着しました。



夕飯は、隣接の畑で自然農法で作った採りたてのお野菜がたっぷり出ました。



写真い.jpg

 

 

 

 

 



大豆、トマト、キュウリのカラフルサラダ、サンマのフライとナスのフライ盛り合わせは、オーロラソースと中濃ソース添え、手作り豆乳と胡麻の合わせソース添え季節の焼き野菜【パプリカ、ズッキーニ、カブ、ジャガイモ、シシトウなど】甘くてとっても柔らかいです。ミネストローネ、焼きたての天然酵母のパン【作るのに、3日間かかるそうです】、手作り梅ジャムをつけたり、採りたての無農薬パセリをはさんで美味、キャベツとキノコのプリンという可愛い名の洋風茶碗蒸し、酵素玄米、デザートに、りんごが出ました。どれも、自然のパワーと愛情がたっぷり詰まっていて、身体と心が大喜びしましたsign01



美味しいお食事の後は、いよいよ音楽祭の前夜祭が始まりました。



最初、スタッフの飛田さんによる、マイケルジャクソンの音楽に合わせた、オリジナルな楽しい踊りで、その場が華やぎます。

塩澤みどり先生の音楽祭にかける思い、早穂理さんと水輪のお話に、とても感動しました。



次に、谷崎さんのピアノです。大きいスクリーンに映し出される波動の高い映像を見ながら、ピアノから奏でられる音楽と谷崎さんの美しい歌を聞くというのは、初めての体験でした。映像とピアノと歌の波動の相乗効果で、心が穏やかになり、本来の自分自身へと導かれて行くようでした。

 


実習生のボウミック 雄太さんの歌は、天の声のようで、勇気付けられました。

千曲風羽さんの歌声は、透明で、純粋な心が伝わってきました。

SAYOKOさんの踊りは、力強く、大地のエネルギーを感じました。

ヒメノアヤリさんのダンスは、ベリーダンスをアレンジしていて、とてもセクシーで、女性としての喜びを身体全身で表現されていました。

小島千絵子さんは、新潟からいらっしゃり、【鼓童】という日本古来の動きを入れたエネルギッシュで生きる喜びに溢れた踊りを見せて下さいました。

ディジュリドゥのノブさん、クリスタルボウルの佐々木恵美子さん、パーカッションのMIROKUさんの合奏は、それぞれの個性が見事に一体となって、身体と心を揺さぶられ、解放されていきました。流れがよくなり、身体が熱くなって来ました。

太鼓グループ、梵天さんの演奏は、リズミカルで、力強く、弾んでいて、細胞が踊り出す感じがしました。

 


最後に、みんなで、【こころと こころのハーモニー】という歌を、声を、合わせ歌いましたnotes



note心と心の ひびき あわせて
わかちあい ささえあう いのち
かなでていこう 心のハーモニーnote



水輪の音楽祭にピッタリの歌で、皆が一つになりました。



最初は、部屋の中での演奏でしたが、終わってから、外で、太鼓の演奏があり、夜の闇を打ち破るように響く太鼓の音色は、天へと響き渡り感動しました。出演者の皆さまが、それに合わせて、自然に踊る姿に、こちらまで引き込まれていきました。

 

1.jpg

2.jpg

 

 

 

 

 

 

 



その後、懇親会が開かれました。



みどり先生、研一先生の音楽祭、戸隠神社の火祭りなどのお話を伺って、水輪の成り立ちを更に深く知ることが出来ました。
冷たいビールbeerで乾杯し、沢山ご馳走が出て、どれもとっても美味しかったです。

 


夜は、子どものように直ぐに深い眠りに着きましたsleepy

 


二日目
9月6日土曜日



朝からいい天気、お野菜たっぷりの美味しい朝食を沢山頂きました。

写真う.jpg

 

 

 


 

 



11時から、外で、奉納演奏が行なわれました。ノブさんの神様に捧げる厳かな祝詞と石笛で始まりました。

写真え.jpg


 

 

 

 

 



ストーンサークルにもお祈りを捧げた後、太鼓、ディジュリドゥ、パーカッション、クリスタルボウル、舞い、そして、風、太陽、蝉の声、木々、鳥たちの声、自然と人間が一体となって繰り広げられるパフォーマンスは、ダイナミックで大地と天を、そして神を感じさせてくれました。嬉しいことに、早穂理ちゃんが、ベランダに出て来て下さって、一緒に音楽祭を楽しみました。早穂理ちゃんも、歌ったり、踊ったり、楽器を奏でられて、いのちの大切さが伝わって来ました。

 

3.jpg

休憩後、一時半から、谷崎さんのピアノの演奏と歌が、前日とはまた違う曲で、違う映像を見ながら、行なわれました。前日よりパワーアップした谷崎さんを感じましたgood

 

写真お.jpg


その後、クリスタルボウルとパーカッションのヒーリングがありました。皆さん、寝っころがり深くリラックスして、眠りにつきました。終わったあとは、マッサージの後のようにすっきりして、心と身体が芯からほぐされた感じがしました。



とても素晴らしい音楽祭は、このあと夜、そして、明日もあるのですが、残念ながらもう帰らなくてはなりませんsweat01

 


水輪での思い出と、美味しいお味噌やジャムなどのお土産を持って、家路へと向かいました。
今までに体験したこのとのない音楽祭にとても感動しました。また、是非行きたいです。



11月に水輪で行なわれるリトリートも、楽しい企画が盛り沢山です。皆様、どうぞお楽しみに。ご参加、お待ちしていますheart04



                                         アオキ
 

秋のヨーガ

9月に入り、一週間が過ぎました。

 

 

空.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



秋といえば、実りの秋appleappleapple


私の家の、お隣のキィウィ棚も沢山実り、美味しそうです。
お店では梨や葡萄、リンゴも出回り、栗もチラホラ見かけますね。
味覚の秋!楽しみですlovely

 


また、秋は春の次に「何かを始める時期」のようです。

冬に向けて、編み物を始める人、
読書を始める人、
何か習い事を始める人、

スタジオにも、無料体験の申し込みが毎日あり、有り難く思っていますhappy01

 


ヨーガは「物づくり」のように、何かが目に見えて出来上がって行くもの(例えばウエストが劇的に細くなる)ではありません。
目的とするものは、「自分を見つめる作業」です。
まばゆい夏が過ぎた後の秋は、じっくりと自分の身体と心を感じる作業にピッタリです。
ゆっくり、ゆっくりと身体から無駄な物がとれ、健やかになり、それに伴って心も穏やかに、生きやすくなります。
特に内面へ向かい合う、瞑想の時間がとても有効です。

 


レッスンではなかなかお伝え出来ないので、この場を借りて書かせて頂きましたpencilloveletter
是非、続けていただきたいです。

 


肌寒い日、蒸し暑い日と繰り返している毎日ですね。


カーディガンなど上着で体温調節をし、夜には湯船に浸かり、身体を暖めて免疫力を高めてください。
そして、健やかな毎日をお過ごし下さい。


では、スタジオでまたお会いしましょうpaper

                  寺山恵美子
 

桜台教室便り

お久しぶりですheart01

桜台教室は今年5月から、消防団二部詰所をお借りして行なっています。

 


実は、来年の3月まで練馬桜台地区区民館が改築の為に使用出来ないからです。
「消防団二部詰所」ですから、消防団の建物ですが、空いている時間は貸してくださり本当に有難いです。

 


建物は35年ぐらい経っていそうで、玄関は硝子格子の引戸で、柱や鴨居があり、八畳が二間続き、間仕切りのふすまの上には欄間もあり、純和風の平屋でなんだかホッとしますcatface


今日(9/1)も夜7:30から、2時間レッスンをしてきましたrun

桜台教室.jpg

 

 

 

 


外は雨rain
瓦屋根に当たる雨音を聞きながらのシャバアーサナは深ーくリラックスできました。

 

 

 

 

 

 


指圧paperをしている時に、して差し上げていた方が「あつーくなってきました」と言っていましたが、確かにエネルギーが回っていき、交流があります。
二人でやるからこそ感じられる感覚ですから、更に気づいて楽しんで頂けたら嬉しいですlovely

 


9月に入って急に寒くなってきました。

 


夏の疲れ、寒暖差に自律神経もお疲れ気味だと思いますか、ヨーガで自己と対話をして、自律神経を整え、抵抗力をつけて、日々臨んでいきたいものです。


これからも宜しくお願いしますheart04


                                                             寺山恵美子

ページ上部へ