ホーム>スタッフブログ>2018年3月

2018年3月

スタッフ会議

201833165945.JPG



今月はなんだかちょっと華やかなshineshine

 

そうなんです、先日インストラクターに認定された、阿知波さん、宍戸さんも参加のスタッフ会議になり、若返りhappy01
 

 

いよいよ新インストラクターデビューですよ~note

 

4月の担当表チェックflairしてください。

そして、是非是非レッスンに参加していただいて、応援してあげてくださいsign01

 

4月から早朝YOGAも始まりますsunrun

私、柳も何回めかのデビューです(笑)(笑)(笑)
 

 

振替つかえます、どうぞよろしくお願いいたしますwink


                 ☆☆☆スタッフ 柳

新インストラクター誕生

2016年8月から第4期インストラクター養成コースが始まり、宍戸 梓さん、阿知波麻美さん、関口奈央さんの3名の生徒さんがこの度アーナンダヨーガスタジオインストラクターとして認定されましたlovelygood


 

20183307154.JPG

 

おめでとうございますshineshineshine

 


若い彼女達がヨーガと真摯に向き合い、インストラクターとして成長して行く姿を応援していきたいと思います。
 

フレッシュな3名を会員皆様の厳しくも温かい目で見守っていただけましたら嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致しますconfidentheart04

                       剱持和子


 

「日々感謝の気持ちを持ち、人生を自分らしく生きていくことの素晴らしさをヨーガを通して学んでいます。
ご自分自身と向き合う大切な時間をリラックスしながら楽しく過ごしていただけたら嬉しいです。

                       宍戸 梓


 

「皆様とヨーガの時間をご一緒できるこの奇跡のようなご縁に感謝して、一瞬一瞬を大切に日々精進してまいります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

                      阿知波 麻美

 


「アナスタでヨーガに出会って、ヨーガの素晴らしさを知りました。
続けていくと、体や心の良い変化をたくさん感じることができました。
インストラクターとして、ヨーガをお伝えしていけることへの感謝、私にヨーガを教えて下さった先生方への感謝、そしてアナスタにいらして下さる生徒様への感謝の気持ちを忘れずに、日々、成長できるよう学び続け、頑張りたいと思います。
皆様には、なおちゃんと呼んでいただけるとうれしいです!
どうぞよろしくお願いいたします。

                      関口奈央
 

瞑想会によせて

 雪の降ったことを忘れさせてくれるようなかわいいお菓子lovely

 

 

2018326221644.JPG
その名も『道明寺桜羊羮』sign01

これが大変おいしゅうございましたdeliciousgood


お隣は『チョコ苺』

春のオンパレードです。

 


桜も満開cherryblossomになり、春になると私たちはどうしてこうも心踊るのか…しあわせです。



「3月はどんな月でしたか?」との先生の問いに、別れ、出会い、悲しみ、怒り、開き直り(?)、風まかせ…といろんな胸のうちの9名でした。

 

ゆっくり語り合えました。



私は先月、雑念に引っ張られ瞑想にならなかったので、リセットができずのひと月を反省し、そこに目標を定め、どうにか達成を果たし、清々しくティンシャを聞くことができましたshine
 

 

私の拙い文章では伝え切れない充実の時間をつくり合えますheart01

 

4/28(土)13:00~、卯月の〆を瞑想会でconfident

お時間つくってお運び下さいheart04

                   はまだみなこ

スリランカ紀行(憧れのシーギリヤ・ロック)

今週は季節はずれの雪が降り、真冬に逆戻りしたようでしたが、春は目の前、桜も少
しずつ咲き始めました
気温差も激しいので、体調崩さないように気を付けて下さいheart04


さて、1月のスリランカ旅行、ブログで紹介されましたが、とても楽しい旅行になり
ましたlovely

2018324115129.JPG

世界有数の紅茶の生産地でありセイロンティーで有名ですが、仏教国であり仏像、遺跡等世界遺産も多く、キャンディの仏歯寺ではたくさんの人々が熱心に祈りを捧げる姿が印象的でしたshine


そしてこの旅行で特に行ってみたかったのが5世紀に築かれた、岩山の頂きにある宮殿・シーギリヤ・ロックですnote

今は遺構だけですが、緑の中に突如現れる高さ180mの岩山は圧巻、その存在感を強烈に放ってます

1200段の階段は、急斜面だったり、らせん状だったり、目が眩むほど怖いところもありましたが、途中ライオンテラス(ライオンの爪の形の宮殿入口)で少し休憩したり、神秘的な壁画(シーギリヤレディ)を鑑賞したり、楽しみながら登ることができますsign03
 

そして、頂上に着いた時は総勢13名、達成感と共に素晴らしい景色を満喫しました
その一番高い所に立ち、心地よい風を感じた瞬間は最高でしたup

2018324115244.JPG

緑あふれる魅力的な国・スリランカ、いつかまたゆっくり旅してみたいと思ってますhappy01
2018324115310.JPG
                                      
    森 淳子
 
 
 
 

○○その不思議、まるで宇宙!

昨年からNHKで放映されている『人体』ご覧になっていますかsign02

 

私たちの身体の中で繰り広げられている驚愕の事実が、次々と明らかにされている今。

 

自分の体の中でも、同じことが起こっているのか?!と、毎回ドキドキわくわく楽しみに観ていますwinkgood


身体について、明かされている全てを知っているわけではないので、毎回その素晴らしさに感動しています。

 

私の意志でなく、身体が命をつないでいるのだheart
しかも臓器同士の会話によって。
 

 

今朝、目覚められたこと。
夜、眠りにつけること。
あらためて身体に感謝したくなりますheart01

 

201831614188.jpg
3/18(日)PM9:00 on airsign03


         はまだみなこ

あれから...

東京駅の近くでインタビューにこたえていたのは、沖縄のかた。

       あの時はまだ中学生だった。

 

「赤ちゃんだったから何も覚えていないけど」

       と話す小学生。

 

陸前高田も目を見張るほどの変貌を遂げた。


 

記憶は時間とともにうすれていく、忘れないけどうすれていく。

 

 

そんななか、状況のみえにくい、決してよい方向には向かっていると言えないものがある。

 

原発の事故により、住み続けることのできなくなった町を見に行くツアーがあるという。

 

私たちの生活に影響はないのだろうか。

 

記憶をたどれば、まだ鮮明によみがえってはくる。


私に何ができるかを問い続けることが、忘れないことにつながっていくと思っているheart01

 

        はまだみなこ

春はジェットコースター

啓蟄を過ぎたというのに寒い日が続きますbearing



お元気でいらっしゃいますか?

3月は、卒業、期末、異動と何かと気忙しく、まだまだインフルエンザも油断がままならないhospital
その上、寒暖差や気圧差が激しく、PM2.5や花粉も飛んできますtyphoon

まるでジェットコースターに乗っているような毎日ですupdown

そんな毎日をよく頑張っているご自分の自律神経を褒めてあげて下さいねheart04



人間の身体の臓器や神経細胞の動きは、見えざる手によって動いている、とよく言われています。
ご自分でコントロールすることができるのは、呼吸と肛門だそうですwobbly

90歳のOさんが、体調が良くない時は呼吸法をして治す、とおっしゃっていましたhappy01



今週の ヨーガムドラーは、呼吸と肛門を締めて背骨を柔軟に動かします。

呼吸と肛門をコントロールして、自律神経を整え、ジェットコースターのような毎日を元気にお過ごしになって下さいねscissors

 


暑さ寒さも彼岸まで。

あと少しで爛漫の春がやってきますよheart01

20183918947.jpg
中村まゆみ

陸前高田への旅(完結編)

3月4日(日)
 暖かな良いお天気に恵まれて、陸前高田第一中学校仮設住宅へ、

剱持先生、ハートチャクラの会から2名とアナスタスタッフ4名と大学生1名の計8名が愛とマッサージを届けに最後の訪問に伺いましたheart04



2011年3月11日の大震災から7年、今月末でこの仮設住宅の取り壊しが決まっています。

  7:40東京駅を出発。bullettrain新幹線で一ノ関駅→bus大船渡線で気仙沼駅→rvcarBRT(バス)で12:32陸前高田駅へ。

このルートは私が2012年の訪問した時と同じルートでしたが、駅も沿線の景色も整備され全く変わっていました。

変わっていなかったのは、モニュメントとして残されている奇跡の一本松と市役所跡だけでした。


 陸前高田駅に降り立ったものの、街並みが一変して戸惑ってしまいました。

 陸前高田第一中学校仮設住宅への道はグーグルマップにも無く、整備された新しい道と新築の家から出てきた街人に聞きながら、ようやく仮設住宅集会所に到着。

新しい宅地   仮設住宅

今日の為に、すでに仮設住宅を出た方もわざわざ寄って下さり、10名の皆様が集まって下さいました。
 

ヨーガでこわばった身体をほどよく解きほぐし、みんなで輪になり笑いのヨーガ。そして、愛溢れる指圧をしたのちに、地球とご自分、周りの方々への癒しのためのオームチャンティングを行いました。
201837115818.JPG2018371217.JPG20183712232.jpg

20183712454.JPG

身体があったかくなって、なんだかすーっとしたよ、とSさんがおっしゃって下さいました。



 そしてお待ちかねの cafeお茶っこタイムlovely

前日から用意して下さった蒸したもち米を砂糖と醤油で味付けされた奥深い味わいの「黒みつ姫」、

ほんのり甘くてとろりとした甘酒と、程よく漬かった歯ごたえの良いたくわんをご馳走になり、ハトチャの差入れのお菓子や神奈川のお菓子とお茶と共にたくさん頂きました。
20183712546.jpg

山を削って宅地造成された土地に5月に引越す前に、3月末にここを出ないといけないからと他の仮設住宅に引越すSさん。

引越しの見積りが25万円もかかるから、自分で少しずつ運ぶ事にしたよと話すOさん。

秋祭で一緒に踊った仲間が、6ヶ月したらみんな津波でいなくなってしまったと漏らされたMさん。



「でもこの仮設住宅に来たから、こうしてこの仲間に会えたんだよ。sun

と、この前のお別れ会が新聞に載った事やnews everyに出演した事、NHKおはよう日本に出演する事をみんなで楽しそうにわいわいとハトチャのプレゼントを分け合いながら、話して下さいましたhappy01

その明るさと前向きに生きるパワーを頂きに、私達はこの地へ16回も再訪を続けてきたのかもしれませんshineup



時間はあっと言う間に過ぎ、別れを惜しみながら (think最後の別れだと言うのに…)

涙を見せる暇も無く、急いでバス停に向かいましたrun

 もう、この場所は無くなると言うのにweep

 

 また来てね、また来るよ、と言わずに、ただただ、ありがとうheart01、ありがとうheart01と、一人ひとりとハグしあって…。

まるで、ゆっくりと別れを惜しんだら泣いてしまうかもしれないから、あえてその場から逃げるように…。



でも、陸前高田第一中学校仮設住宅の皆さんは、いつまでもいつまでも心の中で手を振り続けて下さいましたpaper

そう、母親のようにheart04

20183712652.JPG



どうぞ、いつまでもいつまでもお元気でお過ごしになって下さいshine

20183712834.JPGありがとうございましたhappy01heart04

中村まゆみ

オームチャンティング

2018/3/3(土)16:30〜
アーナンダヨーガスタジオにて、9名で行いましたconfidentconfidentconfident

 

 

20183491926.JPG


<参加者の感想>

 

*最初から9名で唱えているとは思えないぐらいの響きでした。

 

*音の響きが強いのにもかかわらず、それぞれの個の音が聞き分けられ、繋がりを感じた。

 

*ハート(アナハタ)もオープンなっていったのですが、それよりもサハスラーラ、頭頂部が研ぎ澄まされていくような、清涼な感じがした。

 

*目を閉じているのにとても眩しい感じがした。(でも部屋は普通の明るさだった)

 

*最初から鐘の音が聞こえた。3回目の交代の後は慣れないフリダヤムドラーの小指の痛みだけが自分の身体のように感じ、他の部分は感じられなかったた。

 

*とても心地よく、最初から寝てしまいそうなぐらいの癒しのヴァイブレーションだった。

 

      感想は以上です。

 

 

無事に終了した事に、感謝の気持ちで一杯です。
皆様、ありがとうございましたheart01
 

 

この後休憩をはさみ、恒例のバジャン練習をしました。

 

2018349200.JPG

 

 

10月にグルジ (パラマハンサ  シュリ ヴィシュワナンダ)が来日なさるので、それに向けて気合いが入った練習でした。
 

 

次回アーナンダヨーガスタジオでのオームチャンティング&バジャン練習は4/7(土)16:30〜からです。
 

ご参加をお待ち致しておりますheart04

            Terayama
 

ページ上部へ