ホーム>スタッフブログ>スタッフの日記>自分の心は「息」にでる。
スタッフの日記

自分の心は「息」にでる。

調身 姿勢を調え

調息 呼吸を調え

調心 心を調える

この言葉を初めて教わったのは学生時代に出会った恩師からでした。

以来、緊張する場面ではいつもこの「調身、調息、調心」を意識しています。

自分の「自」に「心」と書いて「息」。

和太鼓部に入部して、太鼓に合わせて篠笛を吹くようになり

息を吹き込む笛という楽器が、いかに自分の心がそのまま表れるか

身に染みて感じてきました。

自分の呼吸、心を、コントロールできるようになれば

笛の上達にもつながるかも・・・というのが

初めてアナスタの呼吸法のワークショップに参加したきっかけでした。

呼吸法は、からだひとつですぐにできる健康法です。

6月9日(日)に開催される呼吸法ワークショップ1

そして来年開催予定の呼吸法ワークショップ2に参加して

その効果を体験してみませんか?

心や身体の状態に合わせて呼吸法を選んで実践できれば

日々をとても穏やかに暮らせそうですねconfident

shinobue.jpg

阿知波

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ananda-yoga.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/700

ページ上部へ