ホーム>スタッフブログ>From 剱持先生>宇宙劇『ウレシパモシリ』
From 剱持先生

宇宙劇『ウレシパモシリ』

ヨーガと共通する想いがたくさん詰まった私の大好きな作品『ウレシパモシリ』(育み合う大地)

 


アナスタでも公演して頂いたりコンサートを開いたりして応援してきましたしこれからも応援していきます。

 


来月5月17日からの公演に先立ち、チラシに題名や絵を書いて下さったアシリレラさんを訪ねてアイヌコタン(アイヌ村)二風谷へ行って来ました。

 

アイヌコタン1.jpgアイヌコタン2.jpg

 

 

 

 

 

 



アイヌコタンへ入った瞬間空気が変わりました。自然を愛し自然と共に生活しているからでしょうか。とてもピュアーなエネルギーです。

 

アイヌコタン3.jpg

アイヌコタン4.jpg
 


レラさんは事情のある子供達を引き取り育ててきたグレートマザー、今でも数人の方が共同生活をしていました。

職業訓練所で木彫りや刺繍の伝統工芸品を作っています。

 

アイヌコタン5.jpgのサムネール画像

                                                作業をしているマキさん。

アイヌコタン12.jpg

 

アイヌコタン6.jpgのサムネール画像

 

 

 

アイヌコタン13.jpg

 

 

 

 

アイヌコタン7.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

母屋と泊めて頂いた茅葺きの家

 

 

アイヌコタン8.jpg

アイヌコタン9.jpg

 

 

 

 

 

 

電気が通ってないのでいろりを囲んで火で明かりや暖を取りました。
いろりの東側にイナウ(神様と同じ位置付けのもの)が立てられ、火事にならないようにお守りしてもらっているそうです。

 



アイヌの食事は基本的には一汁一菜
主食はイナやキビご飯。近くで取れた山菜や鹿を料理して食べたり、米粉やペネイモ(ウバユリの球根)の澱粉で作ったお団子もよく食べるそうです。
夕食にはタラノメの天婦羅をご馳走になりました。

 

アイヌコタン10.jpg

                山菜イラクサ


争い事を好まないアイヌの方は皆が幸せに暮らせるように協力して生活していらっしゃいます。



女性は何でも出来て強いことがわかっているから、男の仕事まで取ってはいけないということで男性を立てるようになったというお話しを伺いました。
男女が上手くいく人間関係の知恵が息づいている生活にふれ、とても貴重な時間を過ごさせて頂きました。



誰でも受け入れてくださる広い心と豊かな愛を持ったレラさん、いつまでもお元気でお過ごし下さい。
イヤイライケレ(ありがとうございました)

 

アイヌコタン16.jpg

 

 

 

 

 

 

 


  

向かって一番左がレラさんlovely

 

 

 

 

 

帰り、しらおいのアイヌ民族博物館に立ち寄り国の重要無形民族文化財に指定されているアイヌ古式舞踊を見物して北海道を後にしました。

 

アイヌコタン14.jpgアイヌコタン15.jpg

 

 

 

 

 

 



5月末には『阿佐ヶ谷商店街探索&ウレシパモシリ観劇会』の楽しいイベントをアナスタで企画しています。乞うご期待sign03



                                                 剱持

 

ページ上部へ