ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

展覧会ネタPART II

前回のブログで肝心の(?)美術の先生のことに触れられずじまいだったので、今回はそれについて。



4~5年前から、秋に開催される二人展、三人展に足を運ぶようになりました。

    (同僚だった先生、私の一年先輩でやはり先生になった方と共に展覧会を開いているのです)
 

 

先生は学生時代の私のことは覚えていないので、そこから新たに記憶が構築されているわけですが、何故か今でも先生と生徒みたいなところがあるのです。

 

そこでご指導いただき作ったのがこれですscissors

 

201762310954.JPG
この葉を準備しているあたり…wink


思いがけず楽しい時間になりましたheart

先生、ありがとうございましたconfident
 

 

今年はいつもと違う場所で音楽もありの展覧会を開催予定だそうです。


たしかに学ぶものをたくさんお持ちの先生ですhappy01


     はまだみなこ

6/23に寄せて fromアナスタ

 少し前のことになりますが、



中学時代の美術の先生と彼の姪御さんの二人展にて購入した手拭いです。

 

201762223166.jpg

 

これを買うと「全額が辺野古や高江での新基地建設反対のカンパになる」とありますgood

 


何かしたくてもどうしたらよいかわからずにいたので、こういった機会に出会うことは嬉しいですhappy01



こうしてつながってゆくこと、

思いを馳せると、偶然と思えたことはやはり必然で私をどこかへ導いてくれる気がします。



遠い沖縄にせめて心heart01だけはいつも寄り添っていたい…と、

6/23慰霊の日に寄せて考えたことでした。

   

        はまだみなこ
 

かもさん親子おとおり

6月のある天気の良い昼下り。
どこかで聴き慣れぬ鳥の声が。

マンションの扉を開け、駐車場に出ると…なんと、そこに…


かもさんと8羽の子がもがいるではありませんか。
201761816432.jpg


私の目の前をおしりふりふりよたよたと歩くお母さんかも。
お母さんに必死について行こうとする8羽の子がも。

お母さんかもは私をチラリと見て、子がもに、ほら早くついて来なさい、と言わんばかりにクワッククワックと話しかけています。


まるでマックロスキーの絵本の世界のよう。

でも、ここはボストンではなく、有馬の、しかも袋小路の駐車場。

ふるさと公園に池は無いし。
小学校へ行くには高い塀がある。
川に通じる側溝にはコンクリートの蓋がしてあるし。
有馬川までまだまだ2ブロック。

さて、どうしたもんやら…think

でも、お母さんがもはきっとわかっているはず。新しい巣の場所を。


私はそれを信じてその場を離れました。


夕方、ふるさと公園と有馬川のちょうど真ん中あたりの蓋の無い側溝で、子どもたちが、カモの親子がいる!と教えてくれました。

有馬川までもう少しsweat01


かもさん親子の無事を祈るばかりですheart04

中村まゆみ

がんばれ!インスト養成4期生!

6月11(日)

10:00~13:00インストラクター養成講座の後、

14:00~18:00渡辺和久コーチによる動きの解剖学全3回の最終回が行われました。


スポーツにおける運動と身体のメカニズムを図解によってひもとき、筋肉の機能などを学び、障害予防に役立てる…これが動きの解剖学の目的です。

アナスタのインストラクターになるためには、この動きの解剖学を学び取らなければなりませんsweat01

8年前に学んだ時、私はこの解剖学がちんぷんかんぷんbearingsweat01

聞いたことも無い言葉の羅列に戸惑ったものでしたcrying


インストラクター養成講座4期生の阿知波麻美さん、宍戸梓さん、関口奈央さんの3名は真剣そのもの。
お互いに切磋琢磨し合って学んでいます。
2017615211754.JPG
8年前の私に見せたい位、本当に良く勉強されていらっしゃいますup


その甲斐あって、渡辺コーチから良く学ばれました、と修了証書の代わりに花束を贈呈されましたscissors
2017615211942.jpg
養成講座の阿知波さん、宍戸さん、関口さん、お疲れ様でしたshine



インストラクター養成講座修了まで、もうひと頑張りhappy02upwardright


この3人を見かけたら、応援をぜひお願い致します,winkheart04

中村まゆみ

散歩

北鎌倉

心の寺  円覚寺に
少し色付き始めた紫陽花を観ながらゆっくり拝観 してきましたshoeeye

 

201769161950.JPG


諸々の煩悩を取り払う門をくぐり清め
靴を脱ぎ裸足で本尊さまをお参りしました。

 

201769162446.JPG


冷んやりと冷たい床
静かな空間
空っぽになります。


何段登ったかなcoldsweats02

 

201769162328.JPG


国宝 数百年前に打った洪鐘の音を感じながら
一休み
 

201769162253.JPG

 

今日の散歩は身体も心も空っぽの3時間でした。confident

 

201769162532.JPG
 

便利な車の運転を卒業し
歩く事の楽しさを実感中の私に
グットタイミングsign03

 

6月25日ヘルシートークイベント


テーマがなんと
『〝歩行″に関する教養を深める&もも裏・お尻・ふくらはぎのトレーニング』good
 

渡辺 コーチ期待してますwink
 

皆様もいつまでも元気で歩く為にも筋トレ
ご一緒しましょう。


美尻効果もあるそうですsign03

      さげはし みゆき








 

太陽礼拝 スーリヤ ナマスカーラ

レギュラークラス毎月第1週目の太陽礼拝がパワフルになりました。



マントラの持つエネルギーに
意識を傾けながら動きを合わせ
1つになる
 

レッスンに参加された皆さんいかかでしたかwink
 

一つの動きに一つのマントラがあります。
 

201768125318.jpg

最初のオーム は皆さんお馴染み
ハリ オームのオームです。


宇宙の源音で
1番短くもっとも崇高なマントラです。



最後のナマハは挨拶 深い意味では「一つになる」という意味があるそうです。
 

 

その時の自分に合わせ動きを行う太陽礼拝

また時には裸足で大地を感じながらの太陽礼拝
 

201768125459.JPG


色々と体験体感を通し太陽礼拝深めて行きたいですconfident


      さげはし みゆき

 

初夏の陸前高田二日目

5/31(水)

朝7:30ホテルスタートcardash


陸前高田高校仮設住宅集会所に向かいます。


ナビが古くて、大船渡の仮校舎に誘導されそうになったり、道がなかったり、、coldsweats02
目で見える現実を確かめながら進みました。
 

 

陸前高田の流された街は、かさ上げの場所を変えながら街全体が高くなり、
大型商業施設「アバッセたかた」(一緒に行きましょうと言う方言)が出来ていました。


詳しくは下記のホームページをご覧下さいeye
https://takanavi.org/archives/5323



高田高校仮設住宅集会所では、2013/4/13から毎回参加して下さっているK.K.さんとヨーガとマッサージ、お茶っこをしました。


その彼女が数日前に一関に家を購入したので、今回が最後のレッスンになりました。

急な展開でご自身も驚いている様子ですが、外に出た家族とも同居できるので、嬉しそうですhappy01scissors

 

20176319277.JPG

201763192736.JPG

毎回手作り品を用意くださり、今回は可愛い根付けheartとお茶cafeでした。

 

 

201763192833.JPG

20176319291.JPG

201763192930.JPG

新しい道を進もうとしているK.K.さん、体調に気をつけて楽しい日々を送ってください。

機会がありましたら、またお会いしたいですlovely

 

車で遠ざかる私達をいつまでも
両手を大きく振ってpaper見送って下さっていた姿、
忘れませんweep


どうぞお元気でsign03



今回同行下さったお二人からも感想を頂きましたので、記載させていただきます。
 

初めて参加のK.H.さんです。

一泊二日、ほんの僅か一部なのでしょうが、今の陸前高田の地をこの目で見て、仮設住宅集会所で陸前高田の方々と一緒にヨーガを行い、一人一人とお顔を合わせてお話し出来たことで、たくさんのものを受け取って参りました。

震災から6年を越え、それぞれお年もとられ、家族の状況も変化があったり、仮設住宅を出たり残ったり、癒えない悲しみ、日々のご苦労、先々の不安を抱えながらも、腹を据えて、明るく笑いながら生きていらっしゃる皆さんに感銘を受けました。

瞑想の時間で、私は幸せを祈る気持ちや感謝の想いで胸が満ち、不思議なくらい涙が頬を伝いました。

輪になり手を取り合うと一つになってエネルギーが伝わり合うのを感じました。

今回の訪問は、自分を開いて繋がり受け取るヨーガの素晴らしさを体験出来た旅でもありました。

この前スタジオから送った支援の服をニコニコの笑顔で着て来て見せてくれた方々もいて、手作りの甘酒のお振る舞いがあったりと、会場には「ありがとう」の気持ちが溢れていたのでスタジオの皆さまにも伝わるといいなぁ〜と思いますheart01

かさ上げが進んで道路が仮の筋で通っていたり、高台を拓いた場所に新築の住宅が建ち始めていたり、やっと大きな商業施設が出来ていたりしましたが、本当にまだまだのようです!

車のナビが間違ったことで、高田高校も元の流された場所から間借りの場所、そして現在の場所と移ってきたと分かり、普通の暮らしに落ち着くまで、仮の暮らしが繰り返し続いて、まだ先も長いのだなぁ〜とご苦労を伺い知りました。

「東京でオリンピックって聞いた時には本当にがっかりしたよ」との仮設住宅の方のついた溜息がよみがえります。

震災を忘れず、繋がった方々を心に留めて想い続けたいと思います。

またお訪ねしたいなぁ〜lovely

陸前高田とのご縁をずっと繋いで下さっている、先生スタッフの方々、待って下さり受け入れて下さる陸前高田の方々に感謝します。

 

今回3回目の参加のK.T.さんです。


何人もの顔見知りとなった仮設住宅に暮らす皆さんに再会してお話をし、改めて乗り越えてこられたものの大きさ、背負い続けていらっしゃるものの重さを感じました。

そして、にもかかわらず一歩一歩を踏みしめて明るく毎日を過ごそうとしていらっしゃる方々の強さに感銘を受けました。

土を運んで高台を作り、海に流された地を取り戻して新たに「まち」をつくる作業も営々と続けられています。

けれど自然の猛威によって失ったものを人間の力で再び築き直すことは、代々に渡る大事業であり、日本全体でもっともっと大勢の人々が心を寄せ続け、支援をし続けなければいけない、と強く感じました。

 「お茶っこ」の席で剱持先生に「ものを送ってもらうことは助かるし有難いけれど、こうして何度も会いに来てくれることは何より嬉しいんだわ」と皆さんが話していらっしゃいました。

先生の後ろにつながっているアナスタの私たちの思いも十分に伝わっていることを実感し、心の絆という点で少しでもお役に立てることの、喜びと感謝の気持ちを感じました。

仮設を出て新たな一歩を外に向かって踏み出される方々とは、「ヨーガ&マッサージ&お茶っこ」の活動を通じての繫がりとしてはお別れを意味しますが、心の絆はずっとずっとつながっていますsign01



最後に
この陸前高田への支援を支え、また関わって下さっている皆様に心から感謝致しますheart04

                    Terayama




 

初夏の陸前高田

2017/5/30・31に陸前高田第一中学仮設住宅・陸前高田高校仮設住宅にスタッフ2名と会員様2名の計4名で、ヨーガと指圧を届けに行って来ましたbullettrain

 

5/30(火)

東京駅7:56発「はやぶさ」に乗って一関駅10:08着。


そこからレンタカーcarで1時間30分位で陸前高田に着き、まずは「りくカフェ」で腹ごしらえ。

地場産食材の減塩、身体に優しいランチですrestaurant

 

2017621435.JPG

13:30〜
第一中学仮設住宅集会所でヨーガと指圧rungood



いつも来て下さるお姉様と、「初めまして」のお姉様で10名が集まって下さいました。

 

20176214413.JPG

20176214450.JPG

20176214519.JPG

20176214549.JPG


初めて参加下さったお姉様方は仮設住宅の新役員の方々で、スタジオから送った支援物資を実際に着て参加下さいましたheart01

 

マッサージの後にはいつもはお茶っこですが、
今回は仮設住宅の皆さんがお夕食を振舞って下さいました。

 

「ありがとう!の気持ちを今までは形に出来なかったけれど、ようやく出来るようにやりました。

一緒に食べましょう。」と言って下さいましたdelicious

 

お寿司や小松菜の煮浸し、何種類ものお惣菜のオードブル。
(オードブルを作ってくれるお店も出来たのですね!)
 

 

いつもは8時までに宿泊場所に戻らないと夕食が食べられないので、その時間分もゆったりとお話が出来て嬉しかったですhappy01scissors


 

20176214824.JPG

2017621493.JPG


前回2016/11/29に伺った時からのお互いのアレコレに話は尽きません。

 

最近では

「ばっぱダンサーズ」(ばあちゃんダンサーズ)なるものが出来たとかlovely


「まだまだ、あがねー。(出来てない)」と披露はして下さいませんでしたが、秋には見せて下さいねnotes
 

 

お別れの時、「物を頂くのも有難いし感謝してますが、こうして会いに来て下さるのが、何より嬉しいです。待ってますから。」と仰っていました。
 

 

とっても嬉しい言葉です。

心の中の温かいものが触れ合った感じがします。



また、秋におじゃまします。
お元気で過ごして下さいね。
 

この後私達は、レンタカーで一関に戻り、蔵ホテル一関に泊まりましたhotelsleepy


運転は剱持先生とK.Hさんのお二人でなさってくださいました。

 

お疲れ様です。
ありがとうございましたheart04

次回に続く

      Terayama

 

「音で繋がる」 -キルタンとヨーガのコラボレーション-

こんにちはpaper
 

5月28日(日)10:00〜

「キルタンとヨーガのコラボレーション」を開催致しましたrunnotes


27名の参加を頂き、ありがとうございましたhappy01



堀田義樹(ほりたよしき)氏のキルタンは、今回で2回目になります。

 


前半の「ヨーガに合わせてキルタンを歌って下さる」は初めての体験で、最初こそは剱持先生の誘導がありましたが、途中からは自由に動く誘導になったので身体が伸びたいところを伸ばしたり縮めたりして、キルタンの音と身体が一つになるのが感じられましたflair

 

 

201752991831.JPG

 

その後のシャバアーサナは

まさに「解放sign01sign01sign01


地球?宇宙に戻るような、空気に溶け込むような感じでした。



後半はキルタン、バクティヨーガ「献身のヨーガ」の実践ですgood


「ハルモニウム」という置き型アコーディオンの様な楽器に合わせて、神々に捧げる唄を唄います。

 

 

最初に、あらゆる困難を取り除いて下さると言われるガネーシャ神を讃える唄でしたnote


分かりやすく堀田氏が唄い、私達がそれを真似て唄う、コール&レスポンスを繰り返していきます。

 

201752923112.JPG

楽譜はないので、良く聞いて声に出していく作業は、集中するので自然と目を閉じて感覚でとらえていくようになりました。

 

少々音程がズレても大丈夫scissors
心を込めて、生きとし生けるもののお役にたちます様にと唄います。
 

 

神々に捧げる唄だからでしょうか。
次第に心が解放されていくのが分かります。


隣に居る人との一体感。
その場に居合わせた全てに手を合わせたくなるような、感謝の気持ち。
宝物の様な体験をさせて頂きました。

 

201752991445.JPG


皆様の感想には、


堀田氏の姿や、特に声に感銘を受けた、というものが多かったです。

また、「次回も開催して欲しい」というご要望も頂きました。


前向きに検討していきたい、と思います。

 

ありがとうございましたheart04

 

 

そして、


その日の午後14:00〜
スタッフミーティングがありました。



ひと月の反省や体験などを報告しあいます。
 

その中から一つ。


リラックスクラスで長く続けて下さっていた3名の方々が退会されました。

とても仲良しでそれぞれに痛みや不都合を抱えていらっしゃいましたがお互いに励まし合いながら続けてきて下さいました。

寂しくなりますが、スタジオにはいらっしゃらなくても、どうぞこれからも御三方で楽しいおしゃべりの時間を過ごされます様にと祈っています。


5/29・30・31は第5週でお休みになります。
 

6月は6/1(木)から始まります。


気持ちも新たにスタートしていきたいと思いますので、宜しくお願い致しますconfident

           Terayama
 

夏日、瞑想inアナスタ

5月27日、13時。

定例の瞑想会confidentが初参加1名を含む12名で行われました。
 

 

毎月この時間、きちんとここに座ること。


ただそれだけでこんなにも気持ち良くなるのは何故sign02
 

 

雑念ばかりの時、
妙にしーんとしている時、

どれも私。

 


愛しく思えることにかわりなく、その月が過ぎていくdashdash
 

 

そして新しい月がきて、私はまた様々なことに翻弄され、6月の瞑想会confidentに向かう。

6月24日(土)13時~。

        

             はまだみなこ

ページ上部へ