ホーム>スタッフブログ>スタッフの日記>父とのひととき
スタッフの日記

父とのひととき

街の木々も少しずつ色づき始め、秋も深まってきましたmaple

朝晩の冷え込みも厳しくなり、鍋料理が美味しい季節ですdelicious

 

 

私の故郷は福岡にある小さな町ですが、10月下旬、父に会いに帰省して来ました。

 

父は2年程前より施設にお世話になっていますが、時々自宅に帰りリフレッシュします。

10月は父の誕生月です(8日)。

 

今年は少し遅れてしまったことを姉が詫びると、

 

      「イヤー、また来年あるから・・・」と返されたそうですcoldsweats01

 

なるほど、とても前向きですsign03

  

 

私の娘も休みを利用して駆けつけてくれました。

皆に囲まれささやかな誕生会ですbirthdaypresent

 

 

さあ、始めましょう!と声を掛けると、

コタツに横になっていた父は、体を半分起こしたところから、いきなり

 

    「ハッピーバースデー~note」と歌い始め、 (早い、早い!)

 

歌い終わる前に、ろうそくを「フー」     (エーーー!)

 

 

何とも気の早い性分は、96歳になった今も変わらず、皆を楽しく笑顔にしてくれますhappy01lovelywink

施設の職員さん達に助けられ、日々穏やかに平和に暮らす父は幸せだなあ、と娘として感謝の気持ちで一杯ですheart04

 

 

秋の夜長、のんびり過ごすのもいいものですねsign03

 

              森 淳子

ページ上部へ